DSC_0686.JPG

高速5軸加工機​(5軸MC)

現在主流となっているのは横軸、縦軸、奥行き(XYZ軸)の3軸を持つマシニングセンターですが、5軸加工機では傾斜軸と回転軸が加わり、通常の加工機械では不可能だった被加工物の側面に対しての柔軟で精密な加工を可能にしました。

当然ながら従来より複雑な加工を実現するためには、複雑なプログラム、精密な作業を要求されます。

畑中金型製作所の培ってきたノウハウと常に最先端の技術を取り込む柔軟さによってお客様のイメージ通りの製品を実現します。

DSC_0727.JPG

​マシニングセンター(MC)

前述の5軸加工機とは異なり傾斜軸と回転軸を持ちませんが単一の平面に対する加工と工具交換をNCプログラム制御により自動化し、高速、高精度の加工を実現しています。

​機械やプログラムの性能もさることながら、熟練の技術者が工具や加工速度、治具の組み付けなど品質に関わるありとあらゆる要素を徹底的に吟味して最高の品質の製品をお客様へ提供します。

DSC_0694.JPG

​ワイヤー放電加工機

ワイヤーに電気を流すことによって加工物との間に放電爆発を引き起こし、瞬間的に6000℃~7000℃まで達する熱によって、導電性のあるものなら紙のように薄いアルミ箔や、想像もつかないほど分厚い鉄板までありとあらゆる金属を切断します。

また、被加工物の厚みに制限がないだけでなく高度なコンピュータ制御により驚くほど精密な加工を可能にしています。

DSC_0985.JPG

​プレス機

社内で製作したプレス型で加工物を高圧で挟み込むことにより任意の形へ成形する機械です。

一見すると武骨で豪快なイメージですが

熟練の技で1000分の1㎜単位の精密な加工を可能にし

被加工物の表面の質感を損なわず、キレのあるエッジを実現しています。

また成形だけに留まらず切断、穴あけ、曲げ加工など多彩な用途に用いられ、小型のものから大型のものまで**台が稼働しています。